fc2ブログ

07

01

コメント

夏の記憶1。

本格的な「夏」を前に芸能人の方の訃報が、相次ぐ・・・。
「芸能人」・・・。自ら選んだ「道」であろうから、仕方が無いが、こんな時代、喰うや喰わずのヒトも相当多い筈だ・・。
サラリーマンならいざ知らず、人気の在るウチに「資金」を貯め凋落しても「開業」して自らの「道」を再び築ける「強運」なヒトは少ない・・・。

毎月、一定の金額の生活に足りる「お金」の入らない、自営業・・・・・。

わたしが高校生の頃、母親を突然亡くし「舞台裏」の世界に入り、初めて知り合った「芸能人」は「大木凡人」さんと「吉村明宏」さん・・・。共に身長が高く「オーラ」に溢れていらした・・。

以前、当ブログで触れたが東京・後楽園ジャンボプールの数万人のプール入場者向けに夏休み中毎日開催されたステージ・イベントで長くご一緒した・・・。
グラフィックス大木凡人
http://ameblo.jp/ooki-bondo/
後年、TBSが1982年~(昭和57年)月~金で関東近県から毎日ナマ中継した歌謡バラエティ番組「街かどテレビ11:00」でのご活躍が目覚しいが、当時、東京・赤坂界隈の超高級クラブでの司会業やお菓子のテレビCMで、稼いでいらした「大木凡人」さん・・・。

スカイブルーのパンタロンに真っ白のエナメルベルト、真黄色のゴルフシャツ、厚みの充分あるお財布をポケットに刺し、毎年夏お仕事で1ヶ月半、お会いした・・・。周囲のスタッフからも「凡ちゃん、凡ちゃん」と呼ばれ、大きな身体で屈託の無い「笑顔」を常に振りまいていらした・・。

子供のわたしにも、全く分け隔てなく「敬語」で接し続け、「恐縮」した記憶がある・・・。
当時から、アノ大きな大きなフレームの黒ブチ眼鏡は「ダテ」であった・・。今はたぶん、「老眼」かなァ・・・。

グラフィックス吉村明宏
一方、東京ローカルながら、かつての「夕焼けニャンニャン」(CX)のように夕方の中高生をテレビ前に釘づけにした「ぎんざNOW!」1975年(昭和50年)で芸能界デビューを果たす「吉村明宏」さん。

神奈川県ご出身という事で「ハマっ子吉村」を名乗り、真っ黒に日焼けした精悍な身体に真っ白のTシャツ短パンがこれまた、絶妙に「芸能人オーラ」を際立たせた・・・。

「吉村」さんとも、「大木凡人」さん同様、毎夏1ヶ月半に渡りお仕事をご一緒させて戴いた・・・・。
土曜お昼のTBS「笑って笑って60分」1975年(昭和50年)に「小松政夫」「伊藤四郎」といったコメディー界の重鎮とともにレギュラー出演しており、知名度は抜群であった・・。

詳しいいきさつは存じ上げないが、この番組は当時の芸能界に君臨した「渡辺プロダクション」の製作であり、ご本人も現在の「ホリプロ」では無く「ナベプロ」の所属ではなかっただろうか?・・・・。
ちなみに、この「笑って笑って60分」で当時、番組ADを勤めていたのが、後にわたし自身がお世話になるこのブログでも紹介した、「六本木の製作会社・H社長」・・・。

「吉村」さんには、その後かなりあとに、わたしがディレクターとしてひとり立ちし、NTTのイベントの企画・演出を手掛けるようになった頃、再び巡り合う事が出来た・・・。イベントに関わるいきさつをお話し、ありがたく、ご協力を快諾戴いた・・。

後楽園での勤務当時、この先、何かご縁があれば・・・、と自宅のお電話番号を伺っていたのがおおいに役立った・・・。
すぐさま「ホリプロ」のマネージャー氏をご紹介戴き、正式にイベントへの出演を要請し、デビューしたての「山瀬まみ」さん等ゲストタレントもブッキングした。

また、不思議な事に、偶然、彼のマネージャー氏がわたしと同じ町内に住み、それをご縁に地元で度々お酒をお供した・・・。
グラフィックス吉村明宏2
http://www.reve21.co.jp/result/contest/contest2008/report/


・・・共に「芸能生活」の長いおふたり、どうか、末永く、ご活躍いただきたい・・・。


それにしても「芸能人」の生き様、ここ数日の「訃報」に接するにつけ、実にさまざまである・・・・。
スポンサーサイト



07

07

コメント

南阿佐ヶ谷「恋」の夜。

まぁ・・、よく降りますネェ・・・、雨・・。
先日の勤めからの帰り道・・、暗い夜道を歩いていて、ふと思い出した・・。

その昔、東京は荻窪から新宿、銀座、大塚を回り池袋を終点とする地下鉄・丸の内線という線があった・・。

鋼鉄のフレームに車内装はオールピンク色のペンキを重ね塗りした木製で、車体が線路ポイントを通過する度に車内照明が消えて、真っ暗になっちゃう重たそうな電車・・・。

グラフィックス丸の内線
http://www.suginamigaku.org/index.html

「踊り」の稽古を終え、深夜帰宅はざら、でこの夜も入梅間もない「雨」の夜・・・。

コンビニエンスストアが煌々とネオンを燈す時代では無く、都心に程近いとはいえ現在の様にテレビ情報バラエティで紹介されるほどの過密さの無い商店街密集地兼住宅街だった「南阿佐ヶ谷」・・・。

地下鉄改札を抜け、これまた「ピンク色」にペンキ塗装された壁のコンクリート階段を地上に出ると真っ暗・・。
そこから徒歩数分の実家目指して、小走り踏み出そうとしたその時背後から「声」がした・・・。


「スイマセン!・・スイマセン!・・。」


振り向けば、恰幅の良い中年の男性・・。

「ハイ・・。」

「国鉄の阿佐ヶ谷駅のほうはどっちへ行けば良いですか?」


幼稚園の頃から住み慣れたわが町、知らぬ訳は無い・・。

「この道をまっすぐ往って・・。」
説明するわたしの声を遮る様にその中年男性は、雨傘を差すわたしの「手」に覆いかぶせる様に突然、肉厚の「手」で握ってきたのだ


「ボク、可愛いね・・、オジサン、オカマなんだヨ・・。」ギョヘー
ホンモノである

中学生のわたしに「いえいえ、ごしゅじん、わだすに、そんな、しゅみは、ありましえん・・。」
そんな「断り方」、知る由も無く、全身恐怖で震えながら走って逃げたのだ・・・。


コエー、「南阿佐ヶ谷」・・・。

グラフィックス南阿佐ヶ谷

テレビでは、「オカマ」と言えば、当時は「ピーター」さん、「カルーセル麻紀」さん・・。


DREAM PRICE 1000 ピーター 夜と朝のあいだにDREAM PRICE 1000 ピーター 夜と朝のあいだに
(2001/10/11)
ピーター

商品詳細を見る


グラフィックスカルーセル麻紀

「カルーセル麻紀」さんといえば往年の「石原プロ」製作の刑事ドラマ「大都会PARTⅡ」でのノーメイクでの「銀行強盗」かなにかの暴力的な役は、インパクト在ったなァ・・・。


大都会 PARTⅡ BOX 1 [DVD]大都会 PARTⅡ BOX 1 [DVD]
(2012/06/20)
石原裕次郎、渡哲也 他

商品詳細を見る


で、「神様」の悪戯なのか存じ上げないが、どれ位の期間か記憶に無いが、「雨」こそ降ってはいなかったが、全く同様のシチュエーションで、「ドッキリカメラ」にでも遭ったかのように、今度は「若い小柄な細身の青年」(だったと想う)に道を聞かれ、答えようとすると自分は「オカマ」で途中で、電車を降りて、ナント「追いかけて来た」というのだ・・・。


「ネェ、いいだろう、チョット、いこうヨ・・。」何処へ行こうというのだ

この時はもう、キチンと、っていうかキッパリ「断れた」」記憶だけはある。
この「オカマ」クンはわたしの「腕」を軽く引っ張っていた・・・。ギャー・・・。「みなみー、あさがやーーっ!」

一体なんだ??と正直悩んだ・・・。

「顔」に書いて在るのか?「おかまおっけい」って・・・。
若いのに大変だったぜェー?

業界柄、周りに「そういう系」の方が居ない訳ではナカッタ・・・・。

グラフィックス国立劇場
http://www.mapple.net/photos/I01300243503.htm

高校在学中、勉強のために通わせて戴いた東京・隼町の「国立劇場」・・・。

舞台音響室に居ると、舞台袖のインターホンを使い、お囃子の演奏家さん達が「オネエ言葉」で自分の演奏曲を「カセットテープ」に「同時録音して欲しいワ・・。」と依頼してくるのを聴いていたり、小指をたててコーラを飲み、話すたび「顔」がホステスさんみたいに「揺れ」勿論、「オネエ言葉」の「踊り」の先輩やら・・・。

「プロのサウンドエンジニア」として雇って戴いた「後楽園ジャンボプール」では、休憩中に「許可」を戴いた上で泳いでいたら、某「イベント・プロダクション」の「プロデューサー」氏が、なんの前触れもナク突然、追い抜きざまに水中のわたしの「股間」をシッカリ弄られたり・・・。

・・・と散々な「イタイ」目には遇ってキタのです・・。

でも、頼んでなぜェぃ!

国会の「映放クラブ」NHKのキャップにもキツク抱きしめられて思い切り「頬にキス」されて、顔が「唾だらけ」になったけど・・・・。
(みなみあさがやの雨の夜の、サイショの中年オジサンと、ヒジョーに似てらっしゃいます。)

すいませんむかしから、キョーミはいっさい、ございません。今の会社の方々、ご安心を。


07

07

コメント

恐怖!死神博士in南阿佐ヶ谷。

生まれ育った、東京・杉並区は「南阿佐ヶ谷」のオハナシをもうひとつ・・・。

小学生の頃、実家のある東京・杉並区は青梅街道沿いの杉並区役所前の通りで、昭和の大女優「三宅邦子」さんを度々、お見かけした・・・。
グラフィックス三宅邦子1
映画『麥秋』

製作:日本/1951年(昭和26年)
原題:麥秋
監督:小津安二郎
出演:菅井一郎、笠智衆、三宅邦子、原節子

グラフィックスサラリン
http://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66/60793300.html
大塚製薬「便秘にスッキリ、サラサラリン」(とウンコが出る、と言いたいらしい)

背筋が「ピン!」と伸び、真っ直ぐ前を見詰め、しずしずと歩く・・・。長身の身体から勿論、「オーラ」出まくり、であった・・・。
これは「推測」であるが、わたしの実家の裏手に「三宅」さんという洒落た煉瓦づくりの洋館があり、「弁護士」を営まれていた。ご親族であろう・・。色の浅黒い白髪の「高級紳士」といった趣の方であった・・。


・・・小・中・高・・いつの頃か記憶が曖昧だが、とんでもない「マッドサイエンティスト」は、隣接する大商店街「あさがやパールセンター」で幾度か遭遇した・・・。「仮面ライダー」に登場する「死神博士」・・・。

グラフィックス死神博士1
(テレビ画面より)
この方を、フツーに街中でお見かけする事は、予期せず、相当なインパクトがあったものだ・・。


仮面ライダー VOL.1 [DVD]仮面ライダー VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、藤岡弘 他

商品詳細を見る


正確なところは定かでは無いが、練馬区にあった「東映東京撮影所」に程近く、ロケ集合場所新宿副都心にも隣接していたのが「南阿佐ヶ谷」という事もおそらく、関係があるのだろう・・・。

グラフィックス死神博士2
http://amamoto.kinnabe.com/gallery/index.html

この方「天本英世」さん(故人)。1925年(大正14年)福岡生まれ。東大法学部を中退し、劇団「俳優座」を経て
、映画監督に見出され「銀幕デビュー」
述べ100本の日本映画出演を誇り、晩節まで「スペイン」に傾注された「無類」の俳優であらせられる・・。

「練馬」といえば、「特撮ヒーローテレビ」を観ていて子供の頃、「トホホ・・・。」と想ったのは、ヒーローと悪の手先のアンドロイドやモンスターが戦い始めるのに、度々父親が「西武バス」で釣りに連れて行ってくれた「都立石神井公園」の「太鼓橋」と呼ばれる人造池の橋が登場するコト・・・・。

昔の撮影とはいえ、都立の公園で「爆破シーン」は撮れないので「戦闘シーン」の中盤から後半は関東平野の採石場へ、必ずカットで切り替わるが・・・・。

グラフィックス石神井公園
https://maps.google.co.jp/maps

現在は、鬱蒼と橋の周囲を木々が覆うが、数十年前は、ご覧の画像よりもかなり丸裸で、「橋」が見通せる正面にカメラを据え、「戦い」が始まった・・・。

人造人間キカイダー VOL.1 [DVD]人造人間キカイダー VOL.1 [DVD]
(2008/04/21)
伴大介、神谷政浩 他

商品詳細を見る


あこがれの「ヒーロー」が、通常、父と遊びに行く公園の橋の上で、何の前後の脈略も無く、「アクション・カット」の「工数」を稼ぐ為だけに。登場するのだ・・・。

観ていて、嬉しくも無く、その場で「何故、石神井公園なのだ」と悩んでしまう・・・。

「東映東京撮影所」と「石神井公園」は車で10数分の距離にあり、余程「お手軽」な「ロケ地」であったのだろう・・・。
何度も同じ場所が「戦闘シーン」で登場してしまい、カメラが切り替わると、突然、毎週見かける採石場になる「不条理」。


「東映」のモノづくり・・・、「ワイルドだろー


07

08

コメント

堕落の象徴。

現在の「テレビ界」「芸能界」の自堕落の「象徴」は、なんと言ってもTBS[サンデージャポン」(2001年~)をして、右に出るものは無いであろう・・。

認可制・免許制の電波行政にあって、「メディア」にとって不用の「テレビプログラム」である。

製作プロデューサーと代理店はよくぞ、こんな番組で「お茶を濁し続けて」いるものだ・・・・。
この程度の「労力」でスポンサーを募り、名乗り出て10年以上、「資金提供」する企業も企業である。

グラフィックスサンジャポタイトル
http://www.tbs.co.jp/sunjapo/

「人」の「人格」や「生き様」」を否定したり、批判する「資格」は持ち合わせない事は勿論、承知だが、下の「出演者」達の「個性ある面々」が果たして、「日本」の休日の「朝」に、全国ネットで「登場」させる事が「ふさわしい」といえるのか?・・・・。

わたし「個人」は「不愉快」で「不条理」に感じる・・・・。

グラフィックスサンジャポリポータ
グラフィックスサンジャポ
http://www.tbs.co.jp/sunjapo/journalist/index-j.html
http://www.tbs.co.jp/sunjapo/ura/index-j.html

わざわざ、「日曜の朝」・・・。・・・・わざわざ。

「サンデーモーニング」の後に・・・。

スタジオ・フロアのディレクターが「常に」無理して「殊更大声で笑う」のも気に障る・・・・。
出演者の「トーク」に被せて「大声」で・・・・。それを、よしとするのも「不条理」。

ナニが、そんなに可笑しいのか?視聴者に聴こえる様に笑ってみせるのが「よし」なのだろうか?

昔、担当した「情報バラエティー生番組」で、請負った製作会社の「若い子」達が「生番組」に不慣れな事もあり、テレビ朝日報道局在籍当時の、年下の後輩に既に活躍中の「フロア・ディレクター」が居たので、自ら連絡を取り、協力を要請した・・・・。

番組の下打ち合わせの為に、スタジオ入り直前にわたしの事務所に呼び出し、挨拶方々食事でもと、思った・・。

約束の時間通りに、事務所に現れた「彼」を会議室へと、案内すると、まともな挨拶もせず、私物の鞄をわたしの前の、会議テーブルの上に乱雑に放り投げてみせた・・・・。

・・・「手伝ってやる。」いかにも、そんな「空気」と「胸の内」を感じた・・・・。

ガッシリした「体格」から溢れ出る「自尊心」のオーラは激しく、生放送の最中もスタジオ内で「大声」で率先して笑ってみせた・・・・。

技術スタッフに対する「口の聞き方」も横柄そのもの・・・・。
<
a href="http://blog-imgs-54.fc2.com/1/9/6/19601118hhj/2012090117512325a.png" target="_blank">グラフィックススタジオAD
(写真と本文は関係ありません)http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/x10000/x10700/x10710/x10712.jpg

「本番中」インカムを通して聴こえる「人柄」に、協力を依頼してしまった「自分」に腹が立った・・・。

・・・4週間程で、丁重にお引取り願った・・・。

「デジタル技術」の革新的進歩により、今や「放送カメラ」は誰でも使える程、調整そのものが「簡素化」され、
専門学校卒、大卒のディレクターさんやADさんマデが「放送カメラ」で無く「テレビカメラ」として「イジル」時代になった・・・・。
グラフィックスカメラ小型化

カメラワークは破綻し、後のVTR編集に依存する結果に成るのだが、製作・演出スタッフが「お気軽」に「画面」に見切れてみせる場面は異常に増加している・・・・。
驚くのは「彼らの服装」・・・。

全員が全員、「遊び着」なのだ・・・。

これ「製作者の堕落の象徴」。

何処の何方に「お逢い」し、どんな迷惑、ご無理をお掛けするか知れないのに・・・・「遊び着」。
演出陣より「年輩」のプロデューサーも「遊び着」。

わたしがかつて所属した製作会社の若い、後輩ディレクターが「佐川急便」の配送車両を使って、ある撮影がしたいが何とかならないかと相談に来た・・・。
かつてお世話になった「ツテ」を使って「支店長」にご無理を申し上げ、撮影の協力を快諾戴いた・・・。

今頃の「蒸し暑い季節」、撮影前に事務所に立ち寄った「彼」の姿を見て、愕然とした・・・。


シャツの片側がワンショルダーで、片半分が「肌」丸出しの「服」・・。


身長180センチある「男」が、「初対面」で且つ無理をお願いする立場の「代表者」が「片肌」丸出しで、「コンニチハ!」・・・か?

自分の「ステータス」を理解していないのだ・・・。

「悪いけど、そんな格好では、撮影に往かせられないヨ・・。」


舐めんなよ・・・・。



07

14

コメント

土曜の朝2題。①

朝寝坊が出来ない「歳」で御座いまして・・、疲れていてもフツーに平日同様の時間に目覚めます・・。
で、やることも無いので「Dlife」。
グラフィックスミッキー1
http://www.dlife.jp/lineup/disney/mmc/

過去に「信販クレジットカード」だかのくだりで、「ミッキーマウス」と電話で「お話」出来るチャンスをクリスマスプレゼントとして抽選するTVCMで随分と「気味の悪い声」で「もしもし?ミッキーだよ!・」と、およそ世界屈指の人気キャラクターに相応しくないその「声」に鳥肌したもんだ・・・・。

わたしでも自分でビックリする位フツーのオジサンが「ウラ声」でテンションアゲレバ真似出来ちゃう!・・。
コレびっくり・・。

人選の基準がワカンナイナァ・・・。
選考しなおすべきだなァ・・・・。

グラフィックスミッキー2
アノ、ミッキークンの「裏声」の主。
http://spysee.jp/%E9%9D%92%E6%9F%B3%E9%9A%86%E5%BF%97

存じ上げなかったが、Wikiによれば、「青柳 隆志(あおやぎ たかし、1961年8月17日 - )は、日本の国文学者、東京成徳大学教授。ディズニーのミッキーマウスの専属声優。」
たまげるなァ・・・。
確かに「副音声」の言語とは大変似ているけれど、この「声」、「日本語」ではチョットね・・・。

んーー・・。昔、開園からそう日を経ていない頃の「TDL」から公式の「ディズニーランド・アンバサダー」という女性が、わたしのやっていた「情報生番組」に毎月1回「TDL」のお知らせ情報PRにイラシテたが、これが全然、「垢抜けない」「花の無い」ピンとコナイ方(ゴメンナサイ)であったが、「夢と魔法の王国」は、そんな「方」のほうがイイのかなァ・・・、と、かなり長い間、逡巡したりした記憶がある・・・。

選考の「基準」が独特であるのだ・・。

「ミッキーくん」の「声」については、過去の「伝統」にノットッタ経緯での「人選」らしいが、「彼」の声が「夢」や「冒険」や「希望」をもたらす「声」かねぇ・・。タダの「ウラゴエおじさん」だよ・・。

オレでも出来んの!「もしもォし?ミッキーだよォ!?」・・・。

この放送クールの声優編成の中に、往年の大ベテランの「大平 透」さんがいまだ「ご健在」なのには、ビックリだ。キャラクターの名前は判らないが、ご本人同様の「巨体」の役を演じていらした・・・。

お若い方は知らないかなァ?

近年のご活躍なら「喪黒福造」の「ドーーーーーン!!」でご存知であろう・・。
われわれの世代ならコレ
グラフィックス大平透1

グラフィックス大平透2

グラフィックス大平透
http://www.ohirapro.com/ohira.html
昭和4年生まれ(1929年)83歳の大ベテランである・・・。

子供の頃に聴いていた、それぞれのキャラクター達と実になじむ「太い声」をいまだに「維持」していらっしゃる事は、誠に敬服してしまいます・・・。

07

14

コメント

土曜の朝2題。②

大阪ABC朝日放送「朝だ!生です!旅サラダ」。

番組最後のコーナー」複数の「サラダガール」なる海外旅行レポーターの登場枠。
グラフィックス旅サラダ修正
今朝の担当は「平山美春」さん。
http://asahi.co.jp/tsalad/girls.html

今朝の放送は「グアム島」・・・。
グラフィックスワイキキ
http://asahi.co.jp/tsalad/monthly/20120714.html

生放送ながら、前コーナーで大いに盛り上がって来たスタジオで、1997年(平成9年)以来、足掛け15年に渡り司会を勤める「神田正輝」氏が、口を滑らせた・・・。

ひと通りのVTRが終了し、画面がスタジオに戻った途端・・。

「まるで(取材した)ディレクターの擬似恋愛みたいな「旅」だったネ・・・。」スタジオ大爆笑・・・。

番組タイアップの航空会社で出掛ける・・・。

自分が「面接」と称し「会い」、「日々」芸能事務所が用意した「プロフィール写真」をみつめ、「オーディション」開催の時点では、ほぼ「意中のヒト」でありながら、手間隙掛けて「通過儀礼」をこなし・・・。

「夢」にみた憧れの「カノジョ」さんを「ディレクター」という「職業手段」で、アレコレさせる・・・。
「神田正輝」氏の述べた通り、まさに「旅番組の仕事」にソノ名を借りた「立派な擬似恋愛」である・・・。


グラフィックス擬似絵恋愛
http://www.gatag.net/06/10/2009/190000.html

このコーナーの「ディレクター」さんがどんな方なのか、存じ上げないが、少なくとも、わたしにつきましては、少なくとも、「ハッキリ」させておきたいです・・・・。

わたしは、「ヤリマシタ。」・・・・・。

皆、「ソレ」嵌りました・・・。スミマセンでした・・・。



ア、・・・「ABC]の皆さんのコトじゃないです・・、勿論、オレです、オレ・・。

まじめに、やれよ、まじめに・・。


07

15

コメント

灼熱の募金箱

今年の「夏」も「24時間テレビ」がやってくる。

現在、系列各局の制作、撮影・編集等大詰め段階であろう・・・。

1978年(昭和53年~)の衝撃的な開始以来、「チャリティー」を旗印に、その「軸足」が大きくブレル事無く、一貫して遂行出来得るというコトは、「浅はかなるギョウカイ」において、全く敬意に値するです・・。

グラフィックス24時間テレビ


フジテレビ「27時間テレビ」のおバカ電力浪費+労力+おバカ電通+おバカ協賛企業・・・。
おバカ護送船団に比べたら、遥かに素晴らしい、と正直、想います・・・・。

初お目見えの頃、東京「後楽園ジャンボプール」のスタッフを5年近く勤めた当時、「24時間テレビ」募金の凄まじさを、後楽園の社員さんから伺ったコトがある・・・。

それは、日本初のテレビメディアによる「福祉募金」には程遠い、有様だった・・・。
押し寄せる「募金希望者」の殺到の渦の中、「黄色いTシャツ」姿のスタッフ達は「募金箱」に入り切らない「寄付」を猛烈な勢いで自らの「ポケット」に次々と「押し込んでいた」という・・・・。

傍で観ていてソノ様子からは、その「ポケット」の膨らんだ「善意」が、果たして「募金箱」へ戻されるのかどうか、現場を「目撃」する限り、疑問だった、と言う・・・・。

グラフィックス24テレビ
http://www.ntv.co.jp/24h/contents/runner.html
(写真と本文は関係ありません)
その狂乱ぶりの話には一定のリアリティがジュウニブンにあった・・・。

2ちゃんねるを始め、各種サイトで「運営姿勢」に対して、毎年、活発で微妙な「批判」「造反」が垣間見られるが、多くの人員を擁する「運営」の中で、一定数の「雑音」は仕方なかろう・・・・。

お馬鹿の浪費「FNN」系列「27時間テレビ」に比べたら、日本のテレビメディアにおいて「NNN」系列の存在意義・存在価値は圧倒的に「ここにある」のだ・・・。

なんだかんだ言われるとも、この先も「未来永劫」テレビメディアが在る限り、「止めてはならない」・・・のだ。「日本テレビ」さん!!

07

19

コメント

凋落。そして、しがみつく夏。

暑いですね・・・。
言うまいと、想えども夏の暑さかな・・・・。

このお方のお姿をスッカリお見かけしなくなった・・。
福留 功男氏(ふくとめ のりお)1942年(昭和17年生まれA型)
グラフィックス福留

絶頂の視聴率を誇った「ズームイン!朝」・・。
地方の名産品を系列局持ち回りで、紹介する「コーナー」・・。地方局の社員アナウンサーが、その「味の良さ」を伝えようと、特産品を一箸、口に運ぼうとしたその瞬間
「食べてる時間ナンカ、アリマセンヨッ!宛先を速く伝えてくださいッ!!」
ナマ中継のリレーを「表で支える指揮官の苛立ち」・・・。Wikiにも似たエピソードが一部掲載されている。

「ウラでやれよ、ウラで・・。」観てた当時の感想・・・。

一年先輩の徳光和夫氏1941年(昭和16年生まれB型)
グラフィックス徳光

今尚、幅広くご活躍なのは万人に支持される「おおらかさ」とご本人の持つ天性の「ご人徳」であろう・・。
共に「昭和のテレビの黄金期」「テレビと共に何でも夢を見れた時代」の看板スター。

然しながら、「お身体の事情」も御ありだろうが、お二方のこの仕事量の「大差」。

一方のかたは、スグ「お顔」にでる方なので「忸怩」たるものがあるだろうね・・・。


余談だが、わたしら夫婦の結婚披露パーティにお越し戴いた、IT事務所の女性社長が「ズーム・・」の麹町の日本テレビ「マイスタジオ」でテクニカル・ディレクターをされていた男性とご結婚された当時、福留氏も会場で祝福されていた。
このご夫妻とは、学校法人「河合塾」でのスタジオ業務以来のお付き合いであった・・。お元気にしていらっしゃるだろうか?

グラフィックス林家ペー
こちらは全く「凋落」を感じさせない、させ得ない「下町芸人」のお二人・・・。
もっとも「ご主人」の方は目下「イケメン」に変身中だが・・・。

林家ペーの有名人マル秘お宝写真林家ペーの有名人マル秘お宝写真
(2000/03)
林家 ペー

商品詳細を見る

驚く無かれ1941年(昭和16年生まれB型)徳光氏と同い年

何年ぶりにお見かけしようが、しまいが、ズーット変わらぬ「生活感」の無さ。
この「不変ぶり」を維持する「生命力」には恐れ入ります・・。スゴイ!

グラフィックスしがみつく
で、本日の「お題」・・・。

とりあえず、「必死」である・・・・。

田舎都市の「パチンコ遊戯店」に招かれて、店長一族と昼食会に記念撮影、色紙にサイン、握手して、最後は「飴玉」でも配らせるのか・・・。

「ご自分」で「敢えて選んだ道」である・・・。「茨の道」・・・。
「大地」なり「技能」なり「人徳」なり、何かに「根ざした力」なければ、「ゲイノー人」こんなのも「末路」のひとつ・・・。


それでも人は「生きて」行かなければならない・・・。
「食べて」往かなきゃならない・・・・。
「チラシの女性」のおふたり、生まれてハジメテ「事務所」との「契約書」に「印鑑」を突く時、こんな日が来るとは、「夢」にも想像しなかっただろう・・・・。

07

22

コメント

不用な催事予算・・。

例によって、休日の朝テレビを点けたらNHK総合 「1000万人のラジオ体操」だって・・・。

グラフィックスラジオサッポロ市
http://www.city.sapporo.jp/higashi/news/chiku24_07_22.html

グラフィックスラジオ役員1
(テレビ画面より)
本日のスポンサー様。2006年に準備会社として設立。旧日本郵政公社から主に生命保険事業等を引き継ぎ所要の施設・職員等を承継した「かんぽ生命保険」。
彼らの「氏名クレジット」が挿入されたかどうか定かで無いが、明らかな「サービス・カット」。
本当の国営放送の「純粋な中継放送」なら「不要な画像」・・・。
一番左の「役員」さん、「つき合わされてる感満載」です・・・。ちゃんと「お空」に胸ヒラケ

グラフィックスラジオピアノ
(テレビ画面より)
最も「NHK的性善説」の象徴とも言えるカット・・・。
何も局の所有資産かも知らんが、野外のステージに「グランドピアノ」って 
これの搬送経費を削って「テープ再生」で済ませる、「発想」が無いのが「国営的こだわり」。
これ「異常」。
「これくらい、イイじゃないか・・。」と・・。
以前このブログで触れた報道局の豪華差し入れ重箱弁当と一緒・・。

グラフィックスラジオロング
(テレビ画面より)
来場者の足元に紙袋あるでしょ、ボーナスは「かんぽ保険」へってPRと「NHK五輪・受信料契約・BS放送PR」のチラシがセットたぶんね

グラフィックスラジオff修正
(テレビ画面より)
手前に見える数基の黒いタワーが、「ラジオ体操」の音響拡声機材、右奥にズラリ並ぶのが、仮設トイレ・・。国民体育大会じゃないんだぜ

朝、6時半の生中継だから、舞台設営と中継車は前夜泊。それも民間より、経費の使い方は「水増し気味」の筈だから「大人数」だぜェイ

あのね、「ラジオ体操」の戦後の国民的・健康増進に多大な貢献をした経緯に異論は無いけれど、平成24年度を「かんぽ生命保険」と共催で、のべ52会場で巡回するって、別に「小中学校」が夏休みだからって、「保険契約」はカンケー無いねェ・・・。

株式会社かんぽ生命保険、日本放送協会、公益財団法人ミズノスポーツ振興財団、財団法人簡易保険加入者協会
東京海上日動火災保険・・・。長年ツルンデキテここで堂々、「タッグ」組んじゃう・・・・。
グラフィックスラジオ中継
http://suzuki-kenyu.jp/blog/?attachment_id=65
持ちつ持たれつの構図は結構だが、総資産114兆円の世界最大の保険機構は、「民営」だよなぁ・・。

「みなさまのNHK」。
「国民」からは簡易裁判提訴してまで、受信料巻き上げる「権利行使」するのに、「ラジオ体操」の運営そのものの「かんぽ」との提携って、おかしくナイスカ

それにしても、「役員」のオジサン方の「サービス・カット」絶対不用だよねェ

「オウ、マユミ・・、オレ、朝、NHKに映ったの観たか。」 
「アラーっ、ゴメンナサイ、田中専務サン達とアフター行ったんで忘れちゃったワ・・。」 

07

27

コメント

「難視聴対策便乗商法」クズ会社「キャッチ」ケーブルテレビ。

地元ケーブルテレビ局の「再配信事業」により、地上波を視聴している。

先日、1枚の通知が届いた・・・。「送信信号をチェックする」ので家を訪問するという。

海側の送電線鉄塔による難視聴区域に掛かる地域の為に、1年程前マデは電力会社が「対策費用」の名目で長期間、負担していたが、近年期限切れにより、「テレビ電波」配信の権限は「キャッチ」なる陳腐なケーブルテレビ会社が握るコトとなった・・・。

「ニッショー」という「住宅管理会社」がわたしの居住する住宅の管理を代行し、「住宅管理会社」がコトあるごとに「調査・調整」の名目で「キャッチ」なるケーブルテレビ屋の家屋立ち入りの「裁量権」を「発動」デキルようにしてしまった・・。

株式会社シーテック
○○自動車株式会社
KDDI株式会社
中部電力株式会社
株式会社三菱東京UFJ銀行
株式会社豊田自動織機
日本碍子株式会社

「クソケーブルテレビ会社・キャッチ」の資本提供法人である・・。

27,090円の新規加入料を払わせて、最高78チャンネル。+毎月4,725円。
スカパーe2なら、初回加入料2,940円で70チャンネル。+α+基本料410円。

料金設定がまるで裕福な「○○○社員幹部家族御用達」である。バカ丸出し「キャッチ」。
「クズ会社・キャッチ」。

「愛されるオンリーワン地域密着メディア企業」だと・・・。
グラフィックスキャッチ中継車
24億3,750万円。資金調達の成果、松下電器ベースのハイビジョン中継車
ww.uni-w.com/fdi/0908/FDI_0908pdf/58-60_08_U01.pdf

1980年代に世の中が標榜した「高度情報通信ネットワーク社会」を未だに「走る」おバカ企業だ・・。

地元自動車メーカーの正規雇用「団塊世代」の退職が終焉すれば、「加入者熱」は確実に終わる。
傘下の部品メーカーの「おつきあい加入」も既に底を打っているであろう・・・。

この地域の「非正規雇用」の「居住率」を営業計画の累計に含めていないのだ。「世間知らず」とはこのコト。

笑止千万。

「スマートフォン」ブームやネット上で百花繚乱のコンテンツ群による「飽和的状況」を読まず、既に「設備投資」を終えてしまった「費用回収に必死」なのだ・・。

主たる業務が「他人様製作」の再放映コンテンツ「再配信事業」。高校野球予選。(予選を必死で見る人は居ません)やトヨタ系企業の多くが協賛する花火大会に中継車。(地元の人は直接見に行きます)台風・災害時の緊急報道。(NHKデータ放送で間に合います)FM放送免許も所持しています。(誰も聞きませんNHK-FMと民放連加盟社FMで充分)

総花的に「事業展開」しているが実態は「キラーコンテンツ」を持たない、回収見込みの無い、潤沢な資金投入を終えた「放送事業ごっこ」・・・。
広告収入を持たないので、例によって番組と番組の間を「フィラー」と呼ぶ、自作の地元の風景動画で「埋める」のだが、これがまた「VTR編集」のセオリーを無視した繋ぎも散見され、、社内の製作体制が脆弱な事を窺わせる・・。  

何処の世界に「非正規雇用」で27,090円の新規加入料を払える「お客様」が居るのだろう?
月額手取り15~19万円の者が大半で、「クルマと携帯」の経費で皆、手一杯なのに・・・。

「田舎の勘違い事業者」・・・。

茶髪ロン毛の営業社員が「洋服の青山」のスーツに身を包み、「Vitz」に乗り込みピンポン、ピンポン呼び鈴を押して歩く「ムダな訪問勧誘」の日々・・。

グラフィックスキャッチ2
おバカ集団「ケーブル・ガールズ」「ミニ電通」気取り

何も「ムリ」して家に上がり込んで、宅内端子で「信号」を確認せずとも基地局からの伝送経路に存在する「中継器」で「測定」すれば充分に「完結」する作業である・・・。
そんな単純作業を仰々しく、勿体つけて「家に居なさい」と文書で「ご指示」戴くとは・・・。
ああ、ありがたや、ありがたや・・。


不用の「ひかり電話」+「光インターネット」で「デジタル多チャンネル」おバカのワンセットを一式・設置すれば、「お得だ、お得だ」と「唱える」のだ・・・。

みなさん、騙されんなよ
「重要な調査」にカコツケテ「営業売り上げ」を伸ばしたいだけだヨ
ご年輩の所帯や「キカイオンチ」な方は気の毒である。

「送信試験・測定」作業に名を借りた表向き「難視聴対策」の完全な「便乗勧誘商法」である。

おまえら、ウチに「通信測定」の名目で家宅侵入スンナよ

以上、田舎の地域特性丸出しのヨタばなしでした・・・。

07

29

コメント

夏の「恋」、晒され注意報。

夏であります・・。「夏」といえば・・。

日本テレビアナウンサー社員であった「夏目三久」さんの出演されている深夜番組が、すこぶる評判イイ・・。
グラフィックス夏目1
http://www.tv-asahi.co.jp/ikari/

グラフィックス夏目2

もう、過去の騒動はご本人もうんざりであろう・・。
「夏目さん」が降板させられた番組は昼前の情報バラエティー番組であった・・・。

日本テレビでは過去・1985年(昭和60年)に「ルックルックこんにちは」と題する主婦向けの朝番組で活躍していた「沢田亜矢子」さんなる方が、同様に寝間着姿で膝を抱えカメラを見詰める姿のプライベート写真が流失してしまい、即刻・降板となった・・・。
グラフィックス沢田亜矢子

別に、何の縁もゆかりも無いのだが、「沢田さん」のお姿を近年の「旅番組」等で拝見する度に、ゴシップ写真誌に掲載されていた「写真」を鮮明に思い出してしまう・・・。

誠にお気の毒である・・・。
数十年も時を経た今尚、「其の写真の虚ろな表情」と毎朝の「爽やかな健康的な笑顔」のギャップにインパクトが在り過ぎて「鮮明に記憶」してしまっている・・。

当時、街中の「富士フィルム」や「サクラカラー」の「写真屋さん」では公序良俗に反する「画像」はプライベートなレベルでも店側に「現像」を拒否された・・。渡されるのは「ネガ」焼きのみ・・。

彼女の写真の場合、「画像」には問題が無かったのだ・・。
グラフィックス晒し
http://www.dmm.co.jp/live/acha/

「通信のグローバル化」」は最早、世の流れとなり、撮影機材の大なり小なりを誰もが持ち合わせ、「安価で高性能・高画質」・・・。

「低賃金雇用の常態化」と「核家族化の超・進行は」、「恋愛」や「異性との接触」という人間の「本質的経験場面」を「ネット上の仮想空間」へと追いやっている・・。

自らの「自慰行為」や「裸体」を見知らぬ男女同士が僅か1、980円の高画質WEBカメラの前で日夜露出し「排泄・昇天」・・・。
相手をした女性には「お金」が「入金」される仕組みもあるようだ・・・。

わたしの住む地方の某自動車メーカー関連の女性社員は、誰にでも判る伏字の「会社名」入りで、「性行為」の様子がネット上の「画像掲示板」に晒されている・・・。大変、お気の毒である・・・。

安易に画像を撮らせ、お互いに「遊んだ結果」がコレである・・。

「晒し」・・。ナントいう怖い「言葉」であろう。

冒頭の「夏目三久」さんの様に、恋愛中の「相手」が何気に携帯カメラで撮影した「画像」が、良くも悪くも後の「人生転機」のキッカケに成る場合が多々ある・・・。

女性諸氏よ、「スマホ」や「ケータイ」に多くの隠し画像フォルダを持ち、「facebook」や「Google」アルバムに整理する事無く、溜め込んでるフシのあるイケメン彼氏の居るミナサン・・・。

付き合いが深まる前に「大量に撮像」しだしたらご注意を

もし、「今のソノ恋」が「この夏」成就せず、惜しくも判れる時は、くれぐれも「お気をつけ」なさい・・・。

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家の畑道代氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・八板賢二郎氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事・後藤幸一氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad