fc2ブログ

09

08

コメント

亡国の視点。

甥っ子がバイクで転倒し、ICUに横たわっている・・。
左耳半分を失った・・。南国では皆殆どヘルメットを着用しない。
「頭部保護」の重要性を改めて想う。

グラフィックス24総括6
(フィリピン北部の海洋リゾート地にて)
誕生パーティーの集まりから酩酊した状態で「自損」した。

「記憶」が無いらしい。

実家の居住区に常駐する「セキュリティ」が大慌てで知らせに来たようだ。

事故を知ったわたしの家内から猛烈に叱られ、金銭的に迷惑を掛ける事態を『彼なりに思慮』し、搬送先の病院から抜け帰った夜、猛烈な頭痛(当たり前だ)と反復する嘔吐に降参しICU送りと相成った。

彼の地では救急搬送の外科的処置は「無償」で施されるが、事後の「投薬に高額な費用」が掛かる。
「医薬品」の負担が出来なければ、「経済的弱者」はあっさり「命」を落とす「国」なのだ。

さて、こちらは一貫して「弱者視点」の「チャリティ」を「民間放送」として辛抱強く継続させ「事業体」として成長させる事に成功した「日本テレビ放送網」の『24時間テレビ36 愛は地球を救う』。
グラフィックス24総括5
http://www.ntv.co.jp/24h/contents/bangumi2013.html

一部始終を拝見したワケでは無いが、どれもこれも用意周到に練りだされた企画ばかりだ。
ドラマの「配役の一部」に創価学会員を配するなど「視聴率」確保に抜かりが無い。

グラフィックス24総括3

画像をお見せ出来ないが、放送二日目早朝の、世界遺産「富士山・知床」『日本列島絶景中継リレー』などは、早い時間帯にも係わらず最高の出来映えであった。

日本の民間放送局は皆、東京・大阪を中心に超大型のテレビジョン中継車を「所有」し、下請け中継技術会社と共にマラソン、ゴルフ、プロ野球等大規模な「イベント中継」は得意であるが、「番組企画」そのものを「全系列局」で「共有」し「NHK」並みに「落ち度」無く長時間放送出来るのは、この「日本テレビ系列」が唯一無二の存在であろう・・。

かつての「電電公社」時代のマイクロテレビルートの「マネージメント」に大変苦労した『ズームイン!朝』での「豊富な製作経験」があるからに他ならない。「朝日」や「産経」「日経」には真似デキナイ。

グラフィックス24総括1
(テレビ画面より)

『さよなら国立競技場 鉄人・間寛平 陸上十種に挑戦!』の合間に紹介した「先輩芸人」との異国の走路カザフスタンでの「再会劇」も手間隙掛けた「企画」。

魂のゆくえ アースマラソン766Days (ワニプラス)魂のゆくえ アースマラソン766Days (ワニプラス)
(2011/08/05)
間 寛平

商品詳細を見る


他にも「障がい」「被災」といったハンデを克服する場面は続々と披露され、「24時間テレビ」に相応しい内容盛り沢山であった・・。

巷、ネットでの「ノイズ」激しさも一段と賑やかであるが、そんなことよりもまた、今年の「日本の夏」、民間放送局の起こした「弱者視点」の番組編成企画に、大勢の『無名の賛同者』が「募金箱」を携えて列をなした意義は、何にも勝る「偉業」なのだ。

グラフィックス24総括2
(「27時間テレビ」より)
「楽しくなければテレビじゃない!」とは、今に受け継がれる「フジテレビジョン」のステーション・コピーであるが、本当にそれだけなのだろうか
古くは『トリビアの泉』、今ならば『ホンマでっか?TV』、『ほこ×たて』『細かすぎて伝わらないモノマネ』・・、こういうジャンルを製作させたならば、間違いナク「フジテレビジョン」の企画制作番組は日本一「楽しく」「面白い」・・。

ソレばかりが、果たして、「良い」事なのかなァ・・・。

もはやこの局の“辞書”には「自浄作用」という“単語”は存在しないのだろう・・。

昭和の頃より今現在も尚、「タレント」が観光して歩く番組企画は、かつて土曜・日曜午後のローカル枠の「定番」であった筈。
グラフィックス24総括4
(テレビ画面より)
一体、誰が好んで「ゴールデンタイム」の枠で「有吉」氏とその他「芸人」氏のハワイ旅行を望んで「視聴」するのか


何度でも申し上げるが、この程度の番組が、土地付新築の家1件建つ程の「予算」で、広告代理店を通じ「売り買い」されるのだ。

一方で、金を湯水の如く「提供」する上場企業は『亡国の組織』である。

そこには、わたしを含め、日常的に持続する事が不可能だとしても、一時でも「弱者援護」に思いを馳せる「企業哲学」は、・・・・無い。微塵も無い。


そう、「楽しくなければ、テレビじゃ無い!」から・・・・。


にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



09

15

コメント

「こっち側」にいるコトの感覚。

「ハタノくん、吸う?」


東京・青山の高級パブのある階へと向かうエレベーターの中で、背後に居た「〇〇」さんから「不意」に声を掛けられた・・・。
振り返ると満面の笑みを浮かべたその方の「手」には「しわしわ」の小さな「紙片」に巻いた「煙草」が在った・・・。既に表情は快感で緩み切って居た。


「あっち側のヒトだ・・・。」
心の中で、そう思った。


BESTBEST
(2005/08/24)
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

商品詳細を見る



御歳61歳の元ギタリストが「大麻取締法違反」で家宅捜索を受け、逮捕された・・。
ブレイク前の僅か1年足らずの間に「脱退したヒト」なのに、公然と長期に渡り「活動」していたかのように「錯覚認知」させてしまう『元メンバー』、という殆ど注釈も無いネット上の「表記」も問題だ。

現在も活動中の「関係者」からすれば、「迷惑」なハナシである・・・。


「オマエ、吸うか?エへへへ・・。」


テレビ朝日グループの会社にディレクターとして「在籍」していた当時、「事実上の内縁カンケイ」にあった某音楽事務所に勤務する「ヒト」も自分が別室で「吸引」してから、ワタシに薦めてキタ・・・・。

過去に「舞台音響オペレート」の業務で自立神経失調症と診断され、「喫煙」すれば心臓付近に「尖痛」を覚える身体のワタシには、その、口から吸引した「煙」を吐いて鼻から吸い上げる独特な「作法」に、


「あっち側のヒトだ・・・。」
心の中で、そう思った。


今の家内との結婚披露パーティーにもお越し頂いたその会社の社長の「強い勧告」もあり、そのカノジョとは会社退職後、僅か1カ月足らずで別れた・・・。

グラフィックスあっち側1
Northern-lights-flowering.jpg


南西諸島に「シゴト」で1週間ほど出掛けた・・・。
撮影に適した「無人島」が数多く、日程ごとに「島」をチャーター船で移動していた。

本土から遠く離れているのに、ブラウン管テレビでは山田太一氏作のTBSドラマ「ふぞろいの林檎たち」のオープニングテーマが流れていた・・。


『ワタシ、この曲聴くと、哀しくナルンダヨねエ・・・。』

満足なリゾートホテルも無い時代、ほとんど「雑魚寝」状態の「ダイバー御用達民宿」で某タレントはつぶやいた・・。
そのテレビの有る部屋で皆酔いつぶれ、「秩序」無く寝静まった深夜、暗闇の目の前に横たわる「背中」に「息」を吹きかけグズグズしていたら、「そういうコト」に相成った・・。


その後、何年を経たのか「記憶」が曖昧なのだが、「週刊文春」に彼女の『記事』が「見開き」で掲載され大いに仰天した


「〇〇石油」という石油元売が、昔在った。
知らぬ間に、カノジョはその元売の「カレンダーガール」をやっていたのだ・・・。
しかも、「大麻取締法違反」で逮捕されたという衝撃の『記事』・・・。


「あっち側のヒトだ・・・。」
心の中で、そう思った。


共通するのは「ギョーカイ人」が一律に「大麻」そのものを、何気に「あっち側」から、いつのまに「調達」出来る点。
悪気が無く「常態化」している点。
そして、「あっち側のヒト」は「吸引」する時、した時、「ヘラヘラ」しているコト・・・。

スネークマンショー (急いで口で吸え!)スネークマンショー (急いで口で吸え!)
(2003/11/27)
スネークマンショー、Dr.ケスラー 他

商品詳細を見る


そのへんの「様子」は1980年代、先駆的ラジオ・ショウに端を発し、数枚の「アルバム・リリース」により芸能界の一部に熱狂的ファンを持ちヒットした『スネークマンショー 急いで口で吸え』にリアルに収録されている・・・。


原宿・青山・六本木・円山町・三宿あたりを『根城』になさるミナサン、くれぐれも「任意の「職務質問」やら「身体検査」やらで、「あっち側のヒト」として『お縄』にならないよう、ご注意を

にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村

09

20

コメント

「嘘」つきの「手つき」。

NHK大好評の連続テレビ小説『あまちゃん』は終盤を迎えている・・。

グラフィックス復興3
(テレビ画面より)
大「震災」をセンセーショナルな「取り回し」をせずに、「ユイちゃん」の遭遇した「心理事象」に留めた「プロット」で乗り切った・・・。

しかしながら、「復興描写」は、ここ数週間のドラマ後半『締めの部分』を「粗く」「鬱陶しく」もしている・・。
場面の至る処で、「ヒト」が集うと「会話軸」が錯綜しまくり、「演出」も粗い・・・。
「被災」された方に配慮すれば、ひたすら『海女カフェ』再建をストーリーの機軸に「騒動」を延々続けるしか、無いか?・・・・。

グラフィックス復興1
(テレビ画面より)

高視聴率で「油断」したか、その前に、むしろ「脚本家」の「作成限界」か、とも思う・・・・。
いずれにしろ「大変な作業」であるコトは間違い無いが・・・。

もっと違う丁寧な「終盤」も「描けた」であろう・・・・。
しかしながら、「公共放送」としての立ち位置を思慮するならば、「民間放送のドラマ班」が好んで描こうとするようなショッキングでセンセーショナルな展開は「封印」せねばならない・・。


毎夜、残業が続き、遅めの夕食を済ませ、BSに目を遣るとBS-TBS『吉田 類の酒場放浪記』。

グラフィックス復興6
(テレビ画面より)

グラフィックス復興5
(テレビ画面より)

ぶらぶら、脱力加減は目下最高レベルMAXの素晴らしい「企画」である・・。
小汚い首都圏の「私鉄・JR」駅近の「居酒屋」を、ただ、「飲んで」「食べて」店内同席の酔い客と「乾杯」して歩くだけ・・・。

このシンプルさは、NHK BSプレミアム 「火野 正平」氏のひたすら「自転車漕ぎ」を紹介する『こころ旅』に匹敵する、今世紀サイコーの「癒し」テレビ・プログラムなのだ・・。
グラフィックス復興9
(テレビ画面より)

グラフィックス復興4
(テレビ画面より)
番組中、ひたすら「飲み」、「食べる」「吉田」氏は、口元を頻繁に「手」で覆い隠す・・。

その昔、東京・新宿は西口の地下改札脇に居並ぶ「券売機」の前で幾度と無く「声」を掛けられたのを思い出してしまう・・・。
当時住んでいた実家から地下鉄「丸の内線」駅まで走れば3分ホド、そこから「新宿駅」まで約13分、地下道を抜け「国鉄」に乗り換える為数十年間利用した。

グラフィックス復興8
ShinjyukuStation WestGate at night.JPG出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(わたしの記憶する限り、この方向から見た「小田急・京王」デパート界隈の風景は東京で唯一40数年以上殆ど変化が無い驚くべき光景)


「ス・イ・マ・セ・ン・・。」


帽子を深深く被った歳の頃20代のあまり清潔感の無い醜男(ぶおとこ)が肩口から、切符を買おうとしたわたしを呼び止めた・・・。


「ハイ?」


振り返ると、醜男はわたしと目線を会わさず、斜め遠方のクリーム色のコンクリート・タイルを見遣ってイタ・・。
親指を立て、残る4指を使い最近考案された「3D立体裁断マスク」の如く手で「口」を全て覆っている。


「サイフおとしちゃったんですけど、〇〇エン(金額を覚えていない)カシテくれません?」
「えっ?」
「サイフおとしちゃったんですけど、〇〇エン、カシテくれません?」


異様な事態にマダ子供のわたしの「心臓」はドキドキ高鳴った・・。

この醜男、(どれ位の時期か覚えていないが)同じ手口で数ヶ月か数年後、マッタク同じ場所で同様に「声」を掛けて来た・・。



結婚後、とある仕事先の大規模なスタジオ業務移転に伴い、東京・六本木から、ある地方に家内と共に移り住んだ。
ある時、某地方放送局技術部長にわざわざ、「局舎」に来るよう、「指示」され「お伺い」した・・。

先方からすれば、こちらが「依頼側」の「お客さま」なのに・・。
グラフィックス復興7
Chukyo TV Broadcasting.jpg出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

テレビ中継車を所有し、ゴルフ中継等、東京でも著名なテレビ中継技術会社の技術スタッフを、当時わたしの勤務する東京から「乗り込んだ形の“新参製作会社”」であるわたしらが、この地方で「放送業務」に従事させるコトが『この地方・地域の”紳士協定”』に触れる・・・、との論旨。


局舎内の喫茶店の閑散とした店内で、わたしを呼びつけた小柄な「部長」氏は、「完全なAwey状態」のわたしから
“目線”を外し、店内の焦げ茶色?だったかのカーペットを見詰め“親指を立て、口元を残る4指で円~く覆い隠し、ハナシ続けた・・。



おーーい
もし、もし仮に、それがホントの「ハナシ」なら
そのお口を隠す「お手手」を取って、アンタの頭の真上に「パー」とカザシテ話なさい




「アホちゃいまんねん、パーでんねん!!」


「ぱーぁー!」



あっ!ってことは『居酒屋』を放浪中の「類」サンも、「おいしい、おいしい」って・・・・、どっち

にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村






09

25

コメント

前代未聞!②そんなにあったら困るぜよ!

グラフィックス血9

2012年6月「心臓疾患」で急逝した、「俳優座」ご出身の男優 故「地井武男」氏のミニ紀行番組「ちい散歩」を引き継ぐ形でスタートした若大将「加山雄三」氏のBS朝日『ゆうゆう散歩』。

グラフィックス血4
(テレビ画面より)
この連休の夕刻、初めて拝見した・・。


固いなァ・・・・。

固い。
その昔、「東宝・東京宝塚映画」の若手看板スターとしてデビューし、一世を風靡、「ご父君」の後を継ぎ、ホテル経営に乗り出し、「破綻」し辛酸を舐め、70年代後半から活躍の舞台をテレビに移し復活、後10年近く続いたスキー場経営が再度「破綻」のまさに波乱万丈の激動人生・・。


しかしながら、生まれ切っての「ゲイノー人」。「金満のボンボン。」

グラフィックス血1
(テレビ画面より)

グラフィックス血3
(テレビ画面より)

ご自分の人生記録を展示した「博物館」を所有するようなお方が、一介の庶民の「街」をぶらぶらされる「様子」を拝見しても、コチラは一向に「愉しくなく」「胸躍らず」なのであります・・。
http://www.kayama-yuzo-museum.com/

「生活感」が根本的に「違う」のであります。
「風情」も「味」も何にも無い・・・。

グラフィックス血7
(テレビ画面より)

故人の『真似』だけはしてる・・。

収録中、「若大将」ご自身が撮影スタッフに「親しげ」に「お味見」させてんの・・・。
(イマドキ当たり前の小型ハイビジョン・カメラでは無く、わざわざ「威厳」を保つためドデカイカメラを、これまた“超ベテラン”の妙齢カメラマンに“担がせ”ている)

「番組内容」を、グズグズ書くのは面倒なので、Wikiをご覧クサイ・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E5%A4%A7%E5%B0%86%E3%81%AE%E3%82%86%E3%81%86%E3%82%86%E3%81%86%E6%95%A3%E6%AD%A9

地デジの番組情報に共演者で「生稲晃子」氏の名前が在ったので、どう絡むのかと思ったら、30分番組後半過ぎ
の抱き合わせの本編とは何の脈略も無い「通販コーナー」が残り時間10分のあたりから、取って付けたの如く始まる。
グラフィックス血8
(テレビ画面より)



ああ、ミナサン・・・、ナントいうコトでしょう・・・・。


またしてもや、あってはならない『手抜き』ショーバイ事案。


前回、「富山の薬売り」企業の「サプリメント」テレビショッピングで、何処かで「収録前」か「直前」に落下させた「製品」をそのまんま(箱が潰れた状態)で“平然”と商品紹介したTCVMをご紹介した・・。



「フツーの感覚」で往けば、チョッと手の出ない金額の「ダイヤモンド・ネックレス」。


ああ、ミナサン・・・、ナントいうコトでしょう・・・・。

肝心要の「商品」を身につけ、颯爽と屋外でポーズを決める「デルモ」の胸元

グラフィックス血5
(テレビ画面より)



血、が付いた「傷口」が在んの。

グラフィックス血6
(テレビ画面より)
「吹き出物」やら「ザラザラ」した感じのお肌に「血」がついてる「デルモ」サンの8万円近い「ダイヤモンドネックレス」は、トッテモ「お買い得」



ああ、「世も末」なのです。
「富山のサプリメント」の製作スタッフ同様、コノ、ギョーカイ、今や“腐って”いるのです。

どうせ、誰もミネェだろ、と、オチョーしぶっこいて 『手抜き黄金期』


こんなザマでもデカイ金額の「請求書」がちゃーんと会社間で取引される・・、 


『めでてぇなァ!』


古い記事もそれなりに面白い(たぶん)『ヤメディレクターの後悔懺悔粉飾人生』。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家の畑道代氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・八板賢二郎氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事・後藤幸一氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
41位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad