fc2ブログ

11

03

コメント

「気が付けば、あなた・・。」

その昔、東京・六本木のとある映像製作会社にアシスタント・ディレクター(AD)として在籍していた時のコト。

『笑っていいとも!』の番組制作スタッフADがわたしの居たオフィスに来社した・・。

ここでは詳しくご説明しないが、『笑って・・』の番組タイトル名を“パロディ風にモジッタ「タイトル」”を冠した自社のビデオソフトのパッケージを借り受けに訪れたのだ・。

少人数の事務所には、電話番の女性とわたししかおらず、わたしはプロデューサーから頼まれたビデオの入った会社封筒をカレに手渡した・・。
グラフィックス創価8
Studio alta.jpg

翌々日の正午、「タモリ」氏は禿げカツラに派手な付け髭とピエロ風の衣裳で扮装しカメラの前にひとり、手渡したビデオソフトを手に立って居た・・。
CM明けに短い「ジングル」がスタジオに流れ、SE(効果音)の雷鳴とともに「タモリ」氏が”絶叫”した・・。

「オジサンは!怒ってるんだぞォ!!」

そう叫んだ瞬間、「タモリ」氏の口からあろうことか、液体の“小片”が飛び出し衣裳の胸元の大きなベージュ色のリボンに張り付いた

「痰」が飛んだのだ・・・。2カメはBS(バスト・ショット)で構えていて、ハイビジョンカメラでは無くとも、その光景を鮮明に“ナマ中継”した・・。
タモリ2タモリ2
(2007/12/19)
タモリ

商品詳細を見る


「ああ、痰が出ちゃった・・。」「タモリ」氏は慌ててそうイイながら、衣裳の袖をたくし上げ痰を拭き取ると、「オジサンは怒ってるんだァ!なんだァ?このビデオのタイトルはァ!」そう続けながらテレビカメラに向け、パッケージをかざした・・。

『オナっていいとも!』
一応、これでスタジオの観客は大爆笑した・・。


ナマ放送で口からゼリー状の痰が飛んだ瞬間と、怒り心頭を現した禿げカツラ、滑稽なベージュ色の衣裳扮装のまま慌てふためく「タモリ」氏の姿は“インパクト”が有り過ぎた・・。

この番組も31年間にもおよぶ長大な歴史を来春で終えようとして居る・・・。

グラフィックス創価6
(テレビ画面より)

一方、こちらも同時期にスタートした“流浪の番組”『タモリ倶楽部』。

1980年代一世風靡したテレビ番組制作会社「日本テレワーク」(後にヤラセ番組発覚で解散)とほぼ、同時期に立ち上がった『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』(TBS)や『マジカル頭脳パワー!!』(NTV)等の超人気番組を手掛けた古参のバラエティ制作会社「ハウフルス」(元フルハウス)の企画制作。
グラフィックス創価5
(テレビ画面より)

この夜は全米・欧州と国内のほぼ全ての放送局・放送技術制作会社が所持していると思われる、超ベストセラーの音声収録用ガンマイクの性能を知る特集企画・・。

構成作家陣には故・景山民夫氏、佐々木勝俊氏をはじめ谷口秀一氏、高須光聖氏、町山広美氏等、民放テレビを視聴するヒトなら誰もが知らぬうちに画面で数万回は目にしている重鎮が揃う・・。


「タモリ」氏の人間性に曳かれ集った”面白がり職人作家”と“脱力感溢れる企画力”が功を奏した作品。
地方の方は、録画してでも是非、続けてご覧戴きたい。



石油・鉄鋼から繊維、トウモロコシまで世界的な総合商社「三井物産」(創業明治9年)の連結子会社
「ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社」なる、ひと昔前に実在した「宗教チャンネル」のような正式名称を持つBS12チャンネル『Twellv・チャンネルトゥエルビ』。

もう「商社」としてはヤリタイコトは遣りつくした感の末のBSテレビ局所持。
「良質・健全・プレミアム感」がチャンネル・コンセプトなのだが、「商事会社」らしく「編成番組」には地道過ぎて可も無く不可も無くの大衆受けは望まぬ「地味な企画番組」が並ぶ。

シングルV 「気がつけば あなた」 [DVD]シングルV 「気がつけば あなた」 [DVD]
(2005/09/28)
松浦亜弥

商品詳細を見る

そんな番組の渦中に「このヒト」がシーズン・レギュラーなる造語スタンス(要するに現地に1週間程度滞在させてその期間撮り貯めし、出演)で登場

グラフィックス創価7
『ハワイに恋して』土曜よる9時(テレビ画面より)
http://www.hawakoi.com/index.html

平成12年(2000年)14歳でデビュー後、6年程で活動は失速する。(CR松浦亜弥以降)

Wikiに芸能活動の略歴があるが、よくぞ懲りずに執着し耐え忍んだ感あるバリュー縮小スパイラル・・・。

「草薙 剛」氏の骨格に目の部分だけ「キムタク」氏をアッセンブルしたような「長身イケメン」旦那様との結婚で、相互に「開運」するには、まだ時期尚早なのだ・・。

ご夫婦共に、所属事務所は充分に規模が大きいのだが、その分、「時流」に乗っていない時期は活動の「維持」がかなり厳しい・・・。この辺が「自由業」の辛い処・・・。


グラフィックス創価
(Youtubeより)

トーク番組に出演してもアンマシ喋んないよネ、「あやや」。

グラフィックス創価10
(Youtubeより)

「ツップリ、ツップリ、ツップリィ
「ツップリ、ツップリ、ツップリィ
「落ち目の運気をツップリ、ツップリ、ツップリィ


「あわわ、イカン、イカン、他人の心配してる場合か


気が付けば、もう、年の瀬・・。
スポンサーサイト



11

20

コメント

こんな処にガッカイ人・・。

「創価学会のTVCM」に猛烈な「違和感」を覚える。

ここ最近、ゴールデン・タイムにまで「進出」を許している実態・・。


「人」の心からの敬愛と畏敬を集め「世界を平和」に導くのに「商業放送」を利用する必要がありますか


アル
しかも、その「カネ」、ヒトのだよねェ「ダイサク」サン・・。


グラフィックス創価4
(テレビ画面より)

「ガッカイ」じゃ「ゴールデン・タイム」にストレート過ぎるので、ここはソフトに「ダイガク」・・。

グラフィックス創価3
(テレビ画面より)

わたしは、此れまでのブログで書き記したように純粋に、生粋の「創価学会二世世帯」であった・・。
『信ずるものは救われる(巣食われる、だと思う)』とはよく言うが、確かに、「救われた(巣食われた)」ように思うコトは、ことの外、沢山と在った・・。

然しながら、今以ってすれば「そう信じ、願い、祈り、実際カナッタニ過ぎない。」

「学会組織」は今後、団塊信者世代の自然死滅に伴い、若年層の取り込みを果敢にせぬ限り、否応無く「衰退」する。これは「創価学会」のみならず、全ての「新興宗教」に云える。


「政治」を抑え、信者を入信させたら、「日刊機関紙」を一世帯10部も20部も競って「購読」させ、「写真週刊誌」、「月刊誌」、豪華な装丁の無数の「教義学習教本」購入、付随する「音楽鑑賞団体」の鑑賞券購入、「葬儀、墓石・墓苑購入」に至るまで、すべて「創価事業体系」に組み込まれるのだ。


「信者」は「駒」に過ぎない・・・。
グラフィックス創価1

『財務』と呼ぶ「寄付行為」がその象徴である。

「信心」の名の下に「金銭を寄進」させ、「電通」と契約しラジオ・テレビの「隙間枠」を買い漁り、電波各社「報道」を掌握してしまい、「木を植えています・・・。」ナンテ「AEON」じゃあるまいに、その愚行ぶりは純粋に人生を捧げてきた「縋って生きる」しか無かった昭和時代の信者を愚弄するモノだ・・。


「ユニセフ」や「赤十字社」と違うのは「カルト」ってトコ。


「こんなところに日本人」に学会とタイアップ企画で「国境無き医師団」が取り上げられたり、「アフリカ系原住民」を東京に無理クリ連れ出して、家族ぐるみで「連泊」させる日本人家族の家庭の居間に「学会専用のお仏壇」が在ったり、学会の「機関紙」がチラ見したり、随分と「地に堕ちた」もんだ・・。
グラフィックス創価2


「天気予報」に流れるBGMまで「創価学会歌」だぞ



こんなもん、一生懸命信仰してみても、アータ



幸せになナンカなりゃしませんてェ・・・。

11

30

コメント

踏襲するにもホドがアル・・。①

『ミュージックステーションスペシャル 超豪華アーティストプレミアムライブ』
グラフィックス55テレ朝
(テレビ画面より)

相変わらずの馬鹿っぷり全開の「テレビ朝日美術」+「テレビ朝日照明」(共立かスタジオテイクか判らんが)。
以前、このブログでこの「ミュージックステーション」の一切、長期間変更の利かない「照明プラン」の狂気についてご紹介した・・。

「黒ホリゾントにパーライト」「ブルーのカクテルビーム」・・・。

今年55周年だそうである・・、「テレ朝」ちゃん。

で、まだ、この「美術プラン」、「照明プラン」。『欽ちゃんのどこまでやるの?』。

グラフィックス55テレ朝2
(テレビ画面より)
ナンデモカンデモ、アルミニウムにヘアーラインのよーなプレートベタベタ、テカテカさしちゃうの ギンギラとも云う。で、ダーク・ブルーで「目一杯飾る」、客席やテレビカメラに向かって「目潰しライト」此れでオワリ

グラフィックステレ朝6
(テレビ画面より)
一方こちらは昨晩の『2013 FNS歌謡祭』(CX)。
歌って踊ってるのは『Mステ』と同じタレントさん。
グラフィックステレ朝12
(テレビ画面より)
(ホテルの宴会場を流用しているが)窮めてテレビ的に「飾りこむ」当たり前の美術・照明構成。
高度でもなんでも無く、この「精緻さ」が「フツー」。プロだもん。
「夜のヒットスタジオ」(1968年~1990年)や「シオノギ・ミュージックフェアー」(1964年~)で長年培った製作力。


グラフィックステレ朝7
(Youtubeより)
『開運!なんでも鑑定団』(TX)の美術デザインと・・。
グラフィックステレ朝8
(Youtubeより)
『踊る!踊る!さんま御殿』(AX)の美術デザイン(床面や背後のテラス)を掛け合わせてアルミのプレートを貼れば・・。

テレ朝ちゃん美術の一丁あがり
グラフィックステレ朝5
http://www.tv-asahi-create.co.jp/index.html


開局以来の視聴率低迷期を55年かけて、やっと「民放第三位」に大躍進。


『そうだったのか学べるニュース』。
女性美術デザイナーも社内に在籍しご活躍の様子だが、なにしろ膨大な数量の小物をセットに持ち込みクチャクチャに飾りこむ、更に情報系ニュースショーなら階段・デッキを付けちゃう、これもワンパターン。
グラフィックステレ朝4
http://www.tv-asahi-create.co.jp/index.html
『マツコ&有吉の怒り新党』
セットは小物雑貨で埋め尽くされ「サンリオショップ」か「東急ハンズ渋谷店」の様・・。
グラフィックステレ朝13
http://www.tv-asahi-create.co.jp/index.html
グラフィックステレ朝11
http://www.tv-asahi-create.co.jp/index.html
『モーニングバード』
こちらは、過去、NHKに見事逆転勝利した「ニュース・ショー」の草分け久米宏氏の『ニュースステーション』の初期のセットデザインとそっくり・・。


グラフィックス55テレ朝3
TV Asahi Roppongi Center.JPG
わたしが退職後の頃の旧テレビ朝日六本木センター本社。
写ってる建物は第4別館、ここの地下と2階にわたしの勤める会社が在った。
1階が報道機材庫と宿泊室、2階が報道局。

壁面の塗装も趣味が悪いがこの画像は通りすがりのヒトが撮影したWikiモノ。
右端に見切れてる白い壁は、「焼肉モンモ」。巨人軍の選手や新日本プロレスの選手が利用していた。
画面左側奥に正面玄関があり、スタジオ棟や増築・買収した建て増しだらけの局舎が並ぶ。

本館玄関ロビーには、美術専門学校生が創作したよーな、蛇腹ホースにアルミ箔を巻きつけた陳腐な「特製・美術部製作の巨大オブジェ」が置かれていた・・。

今は、イイ線の“視聴率”を稼いでるケド、お笑いバラエティならいざしらず、音楽番組や情報系番組の舞台装置”には、もっと“思想”が欲しいヨ、薄くって、モウ、ペラペラだよん、テレ朝ちゃん、『何年やってんだ?』



『ハイ、あ、55年です・・。』

にほんブログ村 テレビブログ 今日見たテレビ番組へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家の畑道代氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・八板賢二郎氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事・後藤幸一氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
350位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
41位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad