08

16

コメント

どうしたの?。

小学生の時、近所の「ナショナル電気店」の同級生、「柳下クン」と、家の前で「小石」をどちらが高く投げれるか、競争をした・・。
交互に石を放り上げ、「高さ」を競った・・。
それなりに盛り上がって、次第に「石」の大きさなど、厭わずに手にしたモノを手当たり次第投げ出した・・。

自分の「アタマ」の真上に・・・。

40年以上経っても、ここは覚えている・・。手に取った「感触」が鋭く、「青白く重い」石・・・。

投げて、数秒・・・・、やけに落ちてくるのが遅いなァ・・・・・、そう想った瞬間頭頂部に激痛、そして目の前が「暗黒」と化した・・・。

ここが、おバカの真骨頂
さすが、オレである

アタマを押さえウズクマルわたしを他所に、「柳下君」は「アーー、オレ知らないよーー。」とビビって後ずさりしながら20メートル程先の自宅へ帰ってしまった・・・。

その顔を未だに、よく覚えている・・・。ちなみに彼は「東大」を現役で合格した・・・。


どれ位の時間が経ったのだろう・・・。
木製の電柱脇のゴミ箱の陰で激痛に耐え、血だらけのまま、ひたすら座っていた・・・。

何故なら「母親」に知られれば、「怒られる」に決まっているからだ・・・。
怪我の心配より、そうなった経緯をキツク咎められる気がしたのだ。


程なく、突然、アタマの上から「声」がした・・・。

「どーしたの ? 」近所の行政書士の「川井さん」が、長身の身を折り曲げ、わたしの顔を覗き込んだ・・。
身長180センチはあろう、大きな、おおきな、おじさんだ。

「川井さん」が「母」のもとへ、連れて行ってくれたお蔭で、さして責められずに事なきを得た・・・。
固まった「血」をお湯で、拭き取られ、近所の「家田医院」へ連れて行かれた・・・・。

わたしが、バカおとこなのは、この「事故」のせいなのだ・・、たぶん・・・。


NHKニュース「おはよう日本」の6時半代の「顔」が、ロンドン・オリンピック中継の為に「江崎 史恵」さんに変わっている・・・。
メインで、ロンドン出張中の「鈴木 奈穂子」さんの代打である。

グラフィックスどーしたの1
(テレビ画面より)

もともとの担当を外され、「土日祝」担当とされ、再び局の一大イベントで「出張」した後輩の実質「穴埋め」起用である・・。
なんとも気の毒な話だ・・・。
しかしながら、「この道」は、ご本人が選んだ「道」・・・。
組織上層部の「判断」なら致し方ない・・・。

1995年(平成7年)日本テレビ放送網で製作されていた「ジパングあさ6」と呼ぶ早朝のニュース・ショーに「角田久美子」さんなる局アナウンサーの方がいらした・・・。
グラフィックスどーしたの4角田久美子
http://www.dailymotion.com/video/xe4oln_yyyyy_shortfilms
他者との「掛け合い」が、かなりおかしなヒトで、「オオ、ホウ、ウン」と、身体を90度、カメラと話し相手をキョロキョロ「雀」のようにかわるがわる見つめる、独特の合いの手の入れ方で、アナウンサーとしては「鬱陶しいタイプ」であった・・・。

ご自分の「言葉」を持たずに、其の動きが「可愛く、受けているだろう・・。」という思い込みである。

グラフィックスどーしたの2
(テレビ画面より)

今回、代打でご登場の「江崎 史恵」さん、こちらも相変わらず「ヘン」だ・・・。

この日の朝は、ロンドン・オリンピックから凱旋帰国を果たした、アーチェリーの代表チーム4名のゲストをスタジオに迎えてのトーク場面・・・。

NHK側の番組出演者全員、外に居た「お天気キャスター」までスタジオ入りしての歓迎ぶりが、「引き」の画像になったタイミング・・・。

画面一番左の彼女の、奇妙な手振り、目線も床に、喋りながら落としてしまっているのだ・・・。
両の足もご覧戴きたい・・・、仁王立ちとまでは行かないが、周囲のアナウンサーと比べて御覧なさい・・。


アーチェリーの代表チームは当然、彼女を見詰めている筈なのだが、彼女はお構いなく、目線を外し「段取り」で一杯一杯の様子である・・・。(決して手前に置かれたアクリル製の原稿台を見ている訳では無い)

別コーナーの「街かど情報室」などでプライベートなニュアンスを「振られる」と、途端に「不安定」なコメントを「返す」・・・。

今年の4月頃、このブログでも触れたのだが、「意識が過剰」なのか、「立ち位置」がヘンなのだ・・・。

「NHKニュース」の「朝の顔」としての「立ち位置」が・・・・。
「抜擢」されている事実と「本番に臨む意識」が旨く噛み合っていないのだ・・・。

「髪の毛」は念入りにセットしたのに・・・・。

「こころ、ここに在らず・・・。」


・・・どうしたの



健やか総本舗亀山堂




関連記事
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://19601118hhj.blog.fc2.com/tb.php/122-3ad283b5

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家のH氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・Y氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事G氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

最新記事・早く見ないと下に下がって消えちゃうヨ!

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
207位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad