08

25

コメント

オマエラのタメに!

テレビ製作の世界では、現場作業中における「食事・飲料」の一切は制作会社側が「手配・準備」し掛かる金額も「負担」する。

これは最早通例であり、常識でもある・・・。

撮影の「現場」で多くの車両や機材を使用し、屋外・スタジオを問わず、速やかに一律の「飲食」を提供し、速やかに予定の「スケジュール」をこなして貰うコトで、「余計な経費」を抑制するのだ・・・。


個々のスタッフの「嗜好」で休憩の度に、三々五々散開されては「製作現場」は維持出来ないからである。

全米の映画・テレビユニオンの如く、就労に関する詳細な条件が「整備」されない、され得ないわが国では、スタッフから出演者に至るまでが大抵、同じものを食し、長時間拘束・短期日程・スタンダードな「予算管理」により、「あらゆるジャンル」の「製作」が遂行される・・・。


過去に、「電通」からの製作依頼でテレビCMでご一緒した方に、劇団民藝の「日色ともゑ」さんという女優さんがいらした・・。
グラフィックス日色ともえ
 
昭和36年(1961年)、劇団民藝に入団、宇野重吉に師事。
昭和42年(1967年)、NHK朝の連続テレビ小説『旅路』で主役デビュー。
著名な建築家のご主人を持ち、映画・テレビのご活躍の当時、ワタシにとっては初の「大物女優」さんとのお仕事であった・・。

東京・目黒に地方から進出した「お漬け物店」のCM撮影。
グラフィックスsaab
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:1985-SAAB900CD-front.jpg
北欧の高級車に乗り、お一人で撮影現場にお見えになった・・・。

店内でのご挨拶、打ち合わせを済ませ、午後を跨ぐ撮影スケジュールに成るので、ご本人の望まれるモノを用意しようと、直接、「「お昼」のご用意をさせて頂きますが、何をお召し上がになりますか?」と尋ねた・・。

「あ、みなさんと、同じ物で結構デスヨ・・。」そう仰って微笑まれた・・・。

ここは、「素直」に皆と同じく「カツ丼」をお出しした・・。

・・・すみません、若かったのと、当時「カロリー」なんて概念、大塚製薬の「カロリーメイト」なんてのが普及する以前でしたし・・・。


世のサラリーマン族から見たなら明らかに「異常」な「食事の振る舞い」。

この「ギョーカイ」の撮影・照明・編集のスタッフは、個人・法人所属を問わず、製作会社の「プロデューサー」や「ディレクター」から「指名」を受け、収入を得ているのに、食事・おやつ・打ち上げ費用を一切払わないのだ・・・。

いま、自分がこれら「ギョーカイ」を離れてみて考えるに、この「ギョーカイ」常識は「集り(たかり)行為」だと想う・・。

暗に、「良い、美味しい飲食」をさせないと「いい仕事」を「してやらない」「徒党」である。

わざわざ、撮影の調整に「一見、必要な手間」を掛けている様に見せ、スケジュールの「遅延」を図る「連中」は確かに、「居る」のだ・・・。

グラフィックスロケ弁
http://hokusai-kyoto.co.jp/bento/locationbento.html

ひとりぐらい、居ないものか?「ア、結構ですよ、自分の分は自分で清算シマスヨ・・。」
「集り」と言われたくなくば、「自前で払えば良い」のだ・・。

映画の撮影所(撮影技師・照明技師)連中がテレビと合流した、昭和のその昔、始まったであろう、悪しき「慣習」・・。「飲食の振る舞い」。


まさに「働かせて戴いている」のでは無く、オレがこんなに「やってやってんだ」の世界。


わたしの勤める現在の会社のもそういうのが「居る」。

残業代をしっかり「受け取る」のに、いい歳をして通勤の不便を理由に遅刻はする、「搾病」で欠勤はする。

その「勤務態度」を注意すると、猛烈な剣幕で現場で大声を張り上げ「タメ口」化し、最期には残業付き合って、「やらされて」「やってやってんだぞ」啖呵を切り出す世界・・・。

空いた口が塞がらない・・アルバイトから「社員」に引き上げた途端の「モンスター社員」。

この先、「どうするのだろう?」


自分の「病理」が観えていないのだ・・・。



関連記事
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://19601118hhj.blog.fc2.com/tb.php/126-94ed9f92

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家のH氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・Y氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事G氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

最新記事・早く見ないと下に下がって消えちゃうヨ!

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad