09

03

コメント

ボソボソ・・・。

スカパー恒例のノースクランブル・デーの日曜日早朝、「月光仮面」を観た・・。

日曜よる7時のTBS「枠」といえば、「さんまのからくりTV」(平成4年・1992年~)が長寿番組として続いているが、「月光仮面」は今から50数年前の昭和33年(1958.2.24~1959.7.5 )同様のこの時間に放映されていた・・・。

猛烈に昔なのだ・・。
グラフィックスタケダ薬品

「アリナミンA」や「ベンザブロック」で知られる、国内売上高トップを誇る総合医薬品企業である「武田薬品」の単独スポンサー枠として、約15年間、日曜よるを「提供」した・・。
この「タケダアワー」と呼ばれる「時間枠」には「ウルトラマン」」シリーズや「隠密剣士」が登場する・・。

で、「月光仮面」・・。
さすがのワタシの年齢でも、オンタイムでは放映を観ていない。
グラフィックス月光1
(ファミリー劇場HD放映画面より)
ターバンにマスク、マントを羽織って「真似」して遊んだ「記憶」は在ります・・。

こうして改めて拝見するに、製作は著しく「祖雑」で鑑賞に堪えない・・。

「憎むな、殺すな、赦(ゆる)しましょう」という「テーマ」設定は「日本的ヒーロー」の創造者とされ、「まんが日本昔ばなし」(昭和50年~・1975年)監修者で知られる「川内康範」氏の手に依る作品・・。

前枠の「時代劇」があまりの低視聴率で頓挫し、「武田薬品工業」がスポンサー降板を示唆、急遽スポンサー「引き留め」の為に、低予算で製作する「和製スーパーマン」の立案に着手・・・。

グラフィックス月光2
(ファミリー劇場HD放映画面より)

企画決定から放映マデに数週間しか無く、撮影には米国ベル&ハウエル社製の安いカメラを使用し、劇団出の26歳の新人に監督を任せ、美術セットを組めず社長個人の自宅玄関・応接間・車庫を舞台に仕立てた・・。
グラフィックス月光カメラ
Public Domain: Gerda Taro died in 1937.
当時全盛であった手巻きゼンマイ式の「フィルモ70」

見苦しい、というより「聞き苦しい」のは全篇の「台詞」の発音・発生が鍛錬を積んでいない「役者群」で構成されている点である・・・。
主演の「大瀬康一」氏ですら、東映東京撮影所の大部屋俳優さんであった・・。
大抜擢の理由は「声の張りの良さ」だそうである・・・。

【昭和スター倶楽部】プロマイドギャラリー 大瀬康一

膨大な脚本・著述を手掛ける「筋」の「川内康範」氏お得意の構成演出台本は、脇役達を延々「ボソボソ」とつぶやかせるのだが、撮影現場での「同時録音」では無く、当時の「音声収録」方法でスタンダードだった「アフターレコーディング」に因り、益々その「発声習練の無い役者群」の「ボソボソ」ぶりは、悪い方へ「際立って」いるのだ・・。

グラフィックス月光4
(ファミリー劇場HD放映画面より)
台本の「ト書き」部分の演出や編集にも「奇妙」な部分が多く、製作の全ての「工程」に未経験者を「多用」したため、「創り急ぐ」あまり「ダメだし」の無い環境であったのは容易に察しがつく・・。

原作者である「川内康範」氏の来歴と着想力・企画力、後世のリメイク、社会に与えたインパクトは計り知れないが、それ以外の「イケ往けドンドン、金なら無いぜ」で創った部分は、製作者たちの「存在背景」を知った上であれば、それなりに「楽しめるかも」・・・。


月光仮面 第4部  幽霊党の逆襲篇 VOL.2 [DVD]月光仮面 第4部 幽霊党の逆襲篇 VOL.2 [DVD]
(2012/09/26)
大瀬康一

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://19601118hhj.blog.fc2.com/tb.php/129-babfefff

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
波田野 広之
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家のH氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・Y氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事G氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

最新記事・早く見ないと下に下がって消えちゃうヨ!

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
75位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad