12

19

コメント

ゆっくり、と、落ちぶれて、したたかに、懲りずに、どちらサンです?か?

さてこの秋の番組改変期に、音楽2番組が終了したのは記憶に新しい。
何と何が終わったかいちいちカギ『』つきで以前のように書きたくも無いが、組織人事異動に伴う数字の稼げない枠の撤廃も理由のひとつに在る。

戦後日本の高度経済成長期から平成へと年号変更を迎えた流れの中で、電器産業はアナログ回路からデジタル回路へと移行し、やがてIT全盛の時代となりクラウド‐コンピューティング【cloud computing】は爆発的普及を果たした。


テレビ創世記より「歌番組」は「ドラマ」と並ぶテレビの王道で在った。
しかしながら「歌番組」の衰退は事の外著しい。

淘汰に伴いいまや古株の分類に入る、テレビ朝日『ミュージックステーション』でさえ10パーセント前後の視聴率。
由緒あるCX『ミュージック フェア』に至っては4~5パーセント。

スタジオに大規模な美術セットを立て込み、高品質な音響制作、コンピュータ制御の電飾・照明調光、特殊効果機材、おまけに楽器を持参させバンド、コーラス、オーケストラ編成・・・、湯水の如くカネの掛かる「歌番組」は特別予算をスポンサーから募り、季節ごとの番組企画の改編時機でないと製作困難になった。

さかのぼるコト25年ほど前から日本国内の歌謡界は「JPOP」の台頭に反比例して「演歌歌謡」がジリジリとアルバム売り上げを落とし続け、活版印刷物の衰退と同様に、音楽産業も衰退期に突入した。

ざっくり50年前、歌謡歌手は「顔」の見えないアナログレコード盤の再生やラジオオンエアを楽曲公開の主体とし、「森 進一」氏や「青江美奈」氏に代表されるように歌手はその歌声に個性があれば在るほど人気を博した。
「容姿」は二の次、という方向性すら存在した。

レコード会社には大きな権限を持つ社員ディレクターが君臨し、個々の社風文化・個性を持って、製作・生産・宣伝の一切を取り仕切った。作家、歌手、楽団、全てがレコード会社の専属契約。


決定版 バーブ佐竹決定版 バーブ佐竹
(2009/11/06)
バーブ佐竹、三橋少年民謡隊 他

商品詳細を見る


ところが、民間放送テレビの出現と並行して芸能プロダクションが台頭し始めると、テレビとプロダクション双方が組んで、フリーの人材を登用し楽曲マスターテープを製作、『ハナ肇とクレージーキャッツ』の大成功を受け、老舗レコード会社意外の企業がミリオン・セールを産む時代へと移行、そこからレコード会社の発言権・交渉権の弱体化が始まる。


ハナ肇とクレイジー・キャッツ スーダラ節 ドント節 五万節 無責任一代男 ハイ それまでヨ これが男の生きる道 ゴマスリ行進曲 ホンダラ行進曲 ショボクレ人生 いろいろ節 学生節 悲しきわがこころ 花は花でも何の花 何が何だかわからないのよ これで日本も安心だ! 実年行進曲 12CD-1089Nハナ肇とクレイジー・キャッツ スーダラ節 ドント節 五万節 無責任一代男 ハイ それまでヨ これが男の生きる道 ゴマスリ行進曲 ホンダラ行進曲 ショボクレ人生 いろいろ節 学生節 悲しきわがこころ 花は花でも何の花 何が何だかわからないのよ これで日本も安心だ! 実年行進曲 12CD-1089N
(2008/07/01)
ハナ肇とクレイジー・キャッツ

商品詳細を見る


本来、ディレクターが統括していた新楽曲の企画・製作進行に「船頭さん」が増え、「雑音」が混じるように為る・・。

「ビクター」「クラウン」「テイチク」「コロンビア」「東芝」といった名門レコード会社専属の契約だった、作詞家・作曲家が複数の社と契約出来るフリーランサーだらけに成り、それまで培われていた貴重な人材育成の機関・機能が破綻。

大勢の「船頭さん」に迎合しなければ、次回の印税契約がふいに成る、そうならぬように作家たちは皆、無難な創作活動に収束しがちにナル・・、それこそが、誰のどの「演歌」を聴いても似た様な作風に堕ちる原因なのだ・・・。


夜勤明けの早朝、そんな「堕ちた演歌」の世界がBSで観られた・・・・。


グラフィックス1enka7
テレビ画面より
BS朝日「新平成歌謡塾」
画面の司会は「西尾夕紀」、「井上由美子」の両氏。
突然、登場するお二人・・・・、ねぇ、アンタら誰

グラフィックス1enka1
テレビ画面より
既に過去、このブログでも取り上げたBS Twellv「唄声チャチャチャ」
判るのは中央の元民謡歌手・「金沢明子」氏のみ。
で、・・・・両端のおふたり、アンタら誰

グラフィックス1enka2
テレビ画面より
上画面の左端、エラの張った生活感の出ちゃってるヒトは日系アルゼンチン2世らしい。
「バネサ」ってナニさあんたがた何処さ
生活感丸出しなのは、ここの局製作、(千葉テレビ放送・チバテレ)予算が充分では無いので衣裳・メイク全部自前だからなのだ・・。

グラフィックス1enka3
テレビ画面より
演歌トーク番組なのに企画貧困の典型、突然、唐突に体操こさえて踊りだしちゃってる
セットは1面分しか美術予算が無いので、冒頭のソファを取っ払っての収録。
ナンダいこのズボン・・。

グラフィックス1enka20
テレビ画面より
演歌トーク番組なのに、唐突、突然、スポンサー企業の「ご飯の詰め合わせ」の贈呈コーナー。毎回有るパターン。
本当に心底企画貧困に思うのは、毎回毎回、このダンボール箱を見せるだけで、たったの一度も肝心の中身の「ご飯」が映らない。商品カットが「箱」だけ。
おいしい、とかおいしくないとか、艶艶の湯気立つ米粒とか、こんなアレンジして食べたらサイコーとか、なーーーんにも無い。
しかも、この日の左に座るゲスト誰20分近く、対談を引っ張って最後に2分程度のPVを流してオシマイ
美術・照明仕込む予算も無いから、スタジオじゃ歌いません・・・。(何の為のプロモーションだ

「箱」、渡すだけ・・・。

グラフィックス1enka4
テレビ画面より
どーぞ、ご自由に・・・。

グラフィックス1enka5
グラフィックス1enka6
テレビ画面より
番組イチオシの曲だそーだ。
PVの演出も、歌詞の内容も曲名もぜーんぶ、1980年代のJPOP100%コピーそのもの。
白ジャケ、白パンツ、横ワケヘアーにグラサンって・・。
レイザーラモンならぬ「レーモンド松屋」って誰、だれっ

グラフィックス1enka8
テレビ画面より
続いて朝6時からはBS Twellv「三沢あけみのお茶会・歌謡界」。
もとより製作予算は極小なワケだが「お茶会」、と言いつつ収録場所は赤坂の結婚式場ロビー
画面のお三方各々、ピンマイクを胸元に装着してんのに、何故か競艇中継でコメンテーターが使ってそーな卓上マイクが・・・。
テーブルがあまりに殺風景なもんで美術代わりに「ダミー・マイク」とは・・。
ついでに番組タイトルのキーとなる飲み物、ナンデ二人ぶんなのか考えたが左の方はお店のマスターって設定か?
フツー、コーヒー・紅茶だろー。
お茶がちょっともお洒落で無く、「伊藤園」のPET茶に見えるぜヨ、しかもグラスに注ぎ過ぎだぜADクン

グラフィックス1enka9
テレビ画面より
左に突然登場した方、この日のゲストさんだが何故か、お客さんに「お茶」が出ない・・・・。「お茶会」なのに・・。
で、ついでに聞くけどセンターの「三沢あけみ」氏以外、ゲストも含めてみーーんな誰、ね、誰

グラフィックス1enka10
テレビ画面より
放送時間が前後するけど同じくBS Twellv「歌謡最前線」。
突然、観た事も聞いたことも無い歌手が次々と着飾って歌いだす。圧巻の歌謡ショウ。
まるで舞台記録画像を番組に流用したよーな編集・構成。

グラフィックス1enka11
テレビ画面より
突然、登場する「高木」さん、何処のプロダクションすか
髪ボッサボサ、地味ーなし服、油汗掻きまくり・・・。

グラフィックス1enka12
グラフィックス1enka13
グラフィックス1enka14
テレビ画面より
もー、サイアクな構成。

似たような作風・アレンジの「演歌」にこれまた、似たようなクロマキー合成の風景画像をバックに突っ立って、「天」を見上げて唄う・・・・。


「好評発売中」。


PVが雑多にじゃんじゃん流れる。
奇妙なカンフー振り付けで踊りながら歌うオジンや、佐川急便のヒトみたいなのとか・・・。

何処で「好評発売中」

グラフィックス1enka15
テレビ画面より
たのしそーな、トーク部分。
低予算故の東京・浅草は雷門そばの「奥行き感」の無い、超老舗レコード店での収録・・・。
こーいう超低予算番組の特徴のひとつ、画面の構成に「奥行き」が無く、皆、壁に貼り付いて収録・撮影するケースがとても多いだす。

この画面に映ってるヒト、知ってるヒトーーーー


いますかーーーーーーーっ



グラフィックス1enka16
テレビ画面より

きゃあああああああああっ、トーク画面中央に座ってた「桂 由美」ブライダルハウス社長みたいな御婦人。
コレ、テレビっすよねぇ、BSのぜ・ん・こ・く・ほーそー・・・。


し、失礼スけど、アンタ達、皆、何してんスか??


にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家のH氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・Y氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事G氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

最新記事・早く見ないと下に下がって消えちゃうヨ!

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad