--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://19601118hhj.blog.fc2.com/tb.php/268-c5aa8396

04

12

コメント

何を、すると、そー為るのか?何が在ったのか?

桜前線が、アッと云う間に列島を駆け抜けて往く・・。
余りに、余りに短い“桜花(おうか)爛漫の時”・・。

グラフィックス1桜
市内・公園に隣接する境内にて

今年、わたしの住む地方は、土日の休みの度に曇天で、小雨のぱらつく気持ちの冴えない花見であった・・。


僅か10日ばかりで歌手であり、女優であった「清水由貴子」さんの命日がやって来る・・。
グラフィックス1命日3
2009年(平成21年)4月22日発売の「日刊スポーツ」紙より

進行胃ガンで亡くなられた故「逸見政孝」さんと共に、21年程前、わたしとカミサンの結婚披露宴の発起人としてお祝い戴いた「ユッコさん」・・・。

グラフィックス1命日2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E5%A3%AB%E9%9C%8A%E5%9C%92
この時期、「日本さくら名所100選」に選ばれた、こんなに素晴らしい景色の静岡県駿東郡の広大な墓苑で、遺体となって発見された・・。

グラフィックス1命日4
Youtubeより
父の眠る墓前で、ビニール袋内に市販洗剤の混合液を作り、硫化水素を発生させ吸引し、亡くなった。
前々日から行動を共にした目・足、そしてお体の病弱なお母様は、彼女の傍らで小雨の降る10度前後の気温の中、車椅子に座したまま、一昼夜・10時間程放置され、衰弱していた。

グラフィックス1命日5
Youtubeより
1976年(昭和51年)新人歌手選考会で、あの「ピンクレディー」を抜き1位で、レコード会社各社の圧倒的支持を受け優勝し、歌手デビュー。
毎曜日のゴールデンタイム、民間放送各局に番組枠を持った「萩本欽一」氏こと「欽ちゃん」一大ブームの時期に彼に師事し、その後女優として活躍・・・・。

グラフィックス1命日6
Youtubeより
明晰・着丈な彼女らしい母親役を演じ、足掛け6年もの間、出演契約の続いたコミカルな演出の乳酸菌飲料「ヤクルト」のTVCM。
気の毒に、彼女が本当の“家族・家庭”を持てば、正にこの通りの素晴らしい光景が日々、繕われた筈・・。
“自殺”の衝撃を知れば知るほどに、哀しい・・・・・・・・・・。

グラフィックス1命日7
Youtubeより
NHKはじめ民放ドラマに出演の盛りの頃のテレビ朝日「徹子の部屋」。

小学校3年生の時、実父が亡くなられ、病弱なお母様のもと8歳年下の妹と共に、生活保護を受け奨学生として高校に進学。
「芸能界に入れば、きっと美味しいものが食べられる、お金もたくさん貰える」。と歌手を志望。

「ユッコさん」はわたしよりひとつ年上。
わたしにも彼女同様に9歳年下の妹がいる。わたしの母が38歳の若さで亡くなった年に、彼女はデビュー。
デビュー後間もないその年の夏、17歳の時から、わたしが学業と並行してコンサート催事や商業舞台のPAミキサー(音響技術)に成り、東京・後楽園の営業ライブで「ユッコさん」とお仕事をさせて頂いた。

やがて、“夢”は叶った。

子供の頃から念願の“マイホーム”(推定時価1億円)を25年ローンで購入。

十数年ぶりに大阪・朝日放送の情報番組で「ユッコさん」と“再会”し京都ロケをご一緒した・・・。
おぼろげながら、京野菜の産地を旅するテーマーで、現場では人一倍テンションが高くスケジュールはタイトだったが、楽しい撮影となった。
「ハタノさーん!もっと、アーしろ、コーしろってユッテくださいよォー!!」

企画立案から完成VTRの放送局納品マデ、たったの1ヶ月しか猶予が無いのが慣例の番組制作に“疲弊”していたわたしは、大ベテランの部類に入るリポーターぶりに安心しきってしまい、当時脂の乗った彼女にしてみれば、もの足りなかったようで、現場で直接ハッパをカケラレタ・・。

驚いた事に住宅ローンは、そんな持ち前の“勢い”で債務を繰り上げ返済し、およそ10年で完済してしまった・・・。
この多忙な最中に、わたしの結婚披露宴の発起人を勤めて下さったのだった。

グラフィックス1桜20
出典不明
1977年(昭和52年)デビューのこの3人は「フレッシュ三人娘」と称し当時の芸能紙面を飾った。
画面左「榊原郁恵」氏は今尚ご主人と共にご活躍中。
センターの「高田みづえ」氏は相撲部屋夫人。
「ユッコさん」のみが、不遇にも伴侶との出会い無く、母親の介護に専念すべく、長年の芸能生活に自ら終止符を打ち、死の前年に芸能界を“引退”した・・。

そして、誰にも打ち明けられぬ、葛藤と闇と苦悩を抱えたまま、桜咲くこの季節に、父の墓前で息絶えた・・・・。
なにも死ぬ事はなかったのに・・。

わたしは、と云えば、結婚前後当時の“超多忙を理由”に、東京の披露宴での御礼もろくに言えず、失礼申し上げたままだ。

今更・・、いまさらだが・・、どーにか、成らなかったのだろうか・・・。



誰か・・・。


「ディレクター部門」ランキング1位更新中
「国際結婚部門」たまに3位くらい、「寂しいオヤジ部門」10位前後
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(その他)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://19601118hhj.blog.fc2.com/tb.php/268-c5aa8396

これが、アホダメおとこのプロフィール!

hata50

Author:hata50
中学時代、歌舞伎の尾上一門にあたる尾上流舞踊家のH氏(故人)に師事。舞踊集団菊の会在籍。
日本舞踊・民族舞踊・長唄・鼓・三味線を学び、高校在学中、実母の逝去に伴い裏方に転向、舞台音響家を目指し、元日本音響家協会理事・Y氏に師事。

ANBテレビ朝日報道局報道取材部アルバイトを経て正社員。制作助手、ENG機材営業を経て社員ディレクター第1号。後、作曲家筒美京平氏の従弟が経営する日本ビクター傘下の映像制作会社勤務。
「早見 優のアメリカンキッズ」他千葉テレビ情報生番組「MOONラビット」総合企画・演出。NTT,Nikon,三共製薬、ロータスジャパン、横浜ゴム、日立、三菱、JVC等東証一部上場企業の産業ビデオ多数演出。

後、映画監督で日本映画監督協会専務理事G氏に師事。河合塾サテライト講座、朝日放送「素敵にドキュメント」「これは知ってナイト」「平成ふしぎ探検隊」他多数演出。
その縁で逸見政孝氏(故人)峰竜太氏、清水由紀子氏(故人)渡辺めぐみ氏らの発起人により、35歳で外国人妻と結婚。

最新記事・早く見ないと下に下がって消えちゃうヨ!

ヤメDブログの遅々として増加しないダメ視聴率!マウスを添えると閲覧数が見れるぜよ

ブロとも一覧

ヤメディレクターおすすめ!覗いてみてネ!

アクセスランキング(気にしない・・。たぶん。)

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク・是非!覗いてネ!!

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。